Sugiyama Licensed Tax accountant Office
杉山会計事務所
杉山会計事務所 HOME杉山会計事務所 業務案内杉山会計事務所 法人設立の支援杉山会計事務所 新設法人の支援杉山会計事務所 料金表杉山会計事務所 行政書士業務杉山会計事務所 セミナー情報
杉山会計事務所コンテンツ
杉山会計事務所 業務案内
杉山会計事務所 法人設立の支援
杉山会計事務所 新設法人の支援
杉山会計事務所 確定申告・相続税申告
杉山会計事務所 料金表
杉山会計事務所 行政書士業務
杉山会計事務所 契約の流れのをご説明
杉山会計事務所 セミナー情報
杉山会計事務所 知っ得情報
杉山会計事務所サブコンテンツ
杉山会計事務所 経営理念
杉山会計事務所 お客様の声
杉山会計事務所 よくある質問Q&A
杉山会計事務所 採用情報
杉山会計事務所 プライバシーポリシー
杉山会計事務所 サイトマップ
杉山会計事務所 LINK
税務・会計無料相談

 〒
567-0885
 大阪府茨木市東中条町1-31
 杉山会計事務所
 税理士 杉山 孝一

 TEL.072-627-3005
 FAX.072-627-3401

 お電話での受付
 平日 9:00〜17:30
 メール、FAXは24時間
 受付いたしております。


 営業エリア
近畿地区全般
茨木市、高槻市、大阪市、吹田市、摂津市、箕面市、豊中市、枚方市、寝屋川市、守口市、門真市

その他大阪府以外のお客様も、お受けいたしております。
事務代行
(有)サンクス事務サービスへ
人材派遣は泣Tンクス事務サービスへ
    
杉山会計事務所は、確定申告のお手伝いをさせていただきます。
 不動産所得のある方
   土地や建物等の貸付けにより収入のある方
 事業を営んでいる個人の方
 譲渡所得のある方
    不動産等(土地・建物等)を売却した場合で、一定の所得(利益)が生じる方
 給与所得
   1.給与収入金額が2,000万円を超える方
   2.給与を1ヶ所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、および退職所得以外の所得
    金額の合計額)が20万円を超える人
   3.同族会社の役員などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け
    取っている人
   4.災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている人
   5.在日の外国公館に勤務する人や家事使用人などで、給与の支払いを受ける際に所得税
    を源泉徴収されないこととなっている人
   6.退職所得について正規の方法で税額を計算した場合に、その税額が源泉徴収された
    金額よりも多くなる人
 雑所得、配当所得のある方で、源泉徴収されている税額が多い人
   一定額以上の年金収入や株式などの配当金収入のある方
 一時所得のある方
    満期による生命保険金等を受取った場合で、所得の控除額等の計算額を上回る方
   {(収入金額−必要経費)−50万円)}×1/2=一時所得
 贈与を受けられた方
   一年間に110万円を超える金品の贈与を受けられた方
 総合課税の配当所得や原稿料などのある方
    年間の所得が一定額以下である場合
     *一定額は、あなたの所得金額や源泉徴収された税金などにより異なります。
 給与所得者
    雑損控除、医療費控除、寄付金控除、(特定増改築等)住宅借入金等特別控除
     (年末調整で控除を受けている場合を除く)、政党等寄付金特別控除、住宅耐震改修
     特別控除、電子証明書等特別控除などを受けられる場合
 所得が公的年金等に係る雑所得のみの方
    医療費控除や社会保険料控除などを受けられる場合
 年の途中で退職した後就職しなかった方
    給与所得について年末調整を受けていない場合
 退職所得がある方
    退職所得を除く各種の所得の合計額から所得控除を差し引くと赤字になる場合
    退職所得の支払を受けるときに「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかった
     ため、20%の税率で源泉徴収がされ、その源泉徴収税額が正規の税額を超えている
     場合
 予定納税をしている
    確定申告の必要がない場合
    居住用不動産を売却又は、買換えをされた方で損失が生じた場合、一定の要件に
    該当する方は、一定の損失控除が受けられることにより、税負担が軽減されます。
    
杉山会計事務所では、確定申告がわからない方や、時間が無くて確定申告ができない方など、
多くの方の確定申告をサポートしております。
(申告書の作成・税務署への提出・申告書の控のご郵送を代行させていただきます。)
電話 : 072-627-3005        
FAX  : 072-627-3401
   
    杉山会計事務所 相続税申告
 相続税はいくらなの?
 何を準備すればいいの?
 いつまでに申告をしなければいけないの?
 税理士にいくら支払うの?
いろいろな不安をかかえていらっしゃる方もおられることでしょう。
杉山会計事務所は、これまでの相続業務経験をもとに、相続税申告のお手伝いをさせて
いただきます。
お悩み、ご相談等がございましたら遠慮なくお申し付けくださいませ。
遺産額が基礎控除を超えている方は、相続税の申告が必要です。
遺産額
相続税の課税対象となるものは、現金、預貯金、土地、建物、有価証券、ゴルフ会員権、
死亡保険金(一部非課税)、死亡退職金(一部非課税)など、金銭に見積もることが
できる資産(相続または遺贈により取得した財産の価額)が対象となります。これらの
資産から、借入金などの債務や葬式費用を引いたものが遺産額になります。
平成27年から相続税改正により基礎控除額が引き下げられました。
基礎控除額
  3,000万円 + (法定相続人の数×600万円)
        
   
  遺言書の有無の確認
  相続人の確認
 ・ 相続財産の概算把握
 ・ 相続の放棄、限定承認
  遺産分割協議
 ・ 所得税の「準確定申告」・納付
 ・ 相続財産の評価、測量
 ・ 根抵当の設定された物権の登記
 ・ 遺産分割協議書作成
  相続税申告の作成
 ・ 相続税の申告、納付
 ・ 相続財産の名義変更
 ・ 遺留分減殺請求
杉山会計事務所に安心してお任せ下さい!
お悩み、ご相談等がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。
電話 : 072-627-3005             
FAX  : 072-627-3401
   
契約まで流れのトップへ戻ります

HOME 業務案内法人設立の支援新設法人の支援確定申告・相続税申告料金表行政書士業務 契約までの流れ
セミナー情報プロフィール事務所案内採用情報よくある質問Q&Aプライバシーポリシーお問合せサイトマップ | リンク |

当サイトのデザイン、文章、画像は著作権で保護されています。
複製、無断転載、二次利用は一切禁止いたします。

         Copyright (C) Sugiyama Licensed Tax accountant Office All Rights Reserved